2016年09月09日

葬儀後、私の心身の精密検査へ

明日、母の葬儀(満86歳)

今日は 明日の食事の人数確定と注文。
懐石料理のなんと値段の高いことか・・、一人5000円で妥協。

午後は整形外科の通院、首の神経を椎間板が圧迫して神経が一部細くなっているため。 手術を前提に薬で 悪化をおくらせる治療です。

息切れとロレツの回らないことを申告し 看護師さんと優先治療順位を決め、来週は「脳神経外科」でロレツの回らない原因をさぐることに。

月曜日の検査で見つからなければ、循環器へ、そしてもっと専門分野を絞る必要があれば絞っていきましょうとのこと。


それと並行して 息切れが 循環器からきているのか呼吸器から来ているのか探ろうとのことです。

川口市に移動した最初の年、運動会で倒れ「狭心症」と診断され 10年ほど二トロールとフランドルテープを使用した経験があるので 循環器の可能性も捨てきれないとのことです。

少なくとも 父と母の七回忌は 長男坊としてしたいので 遺産相続手続きが終わったら 手術が必要な所はする決意です。

民間医療保険を退職の時、やめなければよかったと 後悔。
そのかわり退職教職員互助会の医療扶助が 受けられるうちに・・・。
手術となると 大がかりになりそうな 悪い予感がしています。
posted by 小だぬき at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト