2016年09月29日

夫婦位牌魂入れ、叔母らの位牌お焚き上げを49日に・・

朝から 母の出生から結婚離脱までの戸籍照会を いわき市役所に。
HPにあった総務課「市民問い合わせ・相談」メールを使ったので 果たして回答してくれるか不安なのですが、町村合併後でいわき市に編入されているかがわかれば上出来です。

次に 菩提寺の住職に 母の位牌と夫婦位牌を作ってしまったのですが、魂の入れ方を教えてくださいと電話すると49日法要の時に一緒にするから 持ってきてほしいとの返事、ホッ。

図々しく 仏壇の関係で 数十年前に死去した叔母の位牌を お寺で供養することはできますか?? と聞くと それも49日法要の時 持ってきてくださいとのこと。

非常に お願いの仕方に悩んでいたので 原稿メモを作り 菩提寺に電話。
聞きなれた住職の声を聞き、心が落ち着き ちょっと無理かな・・・と思いつつお願いしたら 「いいですよ」で一機に緊張感から解放されました。

今日は 精神科通院なのですが、帰り元気があれば 法務局で「権利者変更届け出用紙」と税務署で築48年目のマンションの資産価値を聞いてきます。

市役所ではマンションなんだから「固定資産税評価」で良いはずで 路線価は関係ないといわれたのですが、念のため聞きたいと思っています。

私も母も「地方税非課税」世帯なのですが、相続の場合は 不動産の評価で相続税有無の分かれ道になりそうです。
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面倒な事務手続き
頑張ってね
Posted by みゆきん at 2016年09月29日 16:39
供養するにも大変だなぁとつい思う自分がいます。
本当は 誰にでも訪れる「死」を客観的にとらえた方がいいと思うのですが、難しいです。
Posted by 小だぬき at 2016年09月30日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック