2016年09月30日

大地震の予兆か…日本列島の南北で“同時揺れ”の不気味

大地震の予兆か…
日本列島の南北で
“同時揺れ”の不気味
2016年9月28日 日刊ゲンダイ

 26日午後2時13分ごろ、北海道函館市で震度4の地震(M5.5)を記録した7分後、鹿児島県知名町で震度5弱の地震(M5.6)があった。

 いくら“地震大国”といっても日本列島3000キロの端と端で同時に起きるとは不気味だ。いったい日本列島で何が起きているのか。
2つの地震は連動しているのか。

元前橋工科大学教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)はこう解説する。
「2つの地震は連動していると思います。4月に起きた熊本地震の2カ月後に、函館で地震が起きた現象と同じです。
アーチ状の日本列島は北海道と九州で支えられています。
シーソーのように、一方が動くともう一方も動く。
熊本地震の時のように数カ月のタイムラグがある場合もあれば、今回のように数分で連動することもあります」

 2つの地震は、これから発生する大地震の予兆なのか。
「いま、日本列島は、地震の400年サイクルと1200年サイクルが重なる時期に突入しています。
活動期に入ったのは間違いありません。

気になるのは、青森県の十和田湖周辺で最近頻発している微小地震です。
十和田火山の噴火の予兆の恐れがあります。
もともと十和田湖は火山の噴火で形成された湖です。
十和田火山が噴火した時、心配なのは六ケ所村の核燃料再処理工場にも近いこと。
もうひとつ、東京湾直下にある南関東ガス田は要注意です。
メタンガスは圧力がかかると爆発します。
2020年東京五輪の前後に危機が訪れてもおかしくありません」(濱嶌良吉氏)
 ホントに東京でオリンピックを開いて大丈夫なのか。
posted by 小だぬき at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怖い
Posted by みゆきん at 2016年09月30日 14:28
予報ができれば 避難準備もできるのですが・・・、難しいとのこと。怖いです。
Posted by 小だぬき at 2016年09月30日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト