2017年01月23日

自画自賛と自己陶酔の安倍演説 この国こそ政権交代が必要

自画自賛と自己陶酔の安倍演説
この国こそ政権交代が必要
2017年1月21日 日刊ゲンダイ

 これから世界はどうなってしまうのか。
当のアメリカ国民さえ不安を強めるトランプ政権がスタートした。
世界中がトランプの大統領就任に固唾をのみ、アメリカ国民が危機感を強めているのは、一言で言えば、あの男は、なにをするのか分からないからだ。

 トランプ大統領の誕生によって、世界のルールと常識は一変する可能性が高い。
戦後の平和と繁栄は、アメリカを軸とする「国際協調」と「自由貿易」が支えてきた。
ところが、トランプは「米国第一主義」と「保護主義」という正反対の政策を掲げている。しかも、反対意見に耳を傾けず、敵対する相手には容赦がなく、人権や平等といった“ポリティカル・コレクトネス”は完全に無視だ。

元外交官の天木直人氏はこう言う。
「この先、4年間、国際社会にとってトランプ大統領が最大のリスクになるのは間違いない。
一番のリスクは、予測不能だということです。
予測不能ほど怖いことはない。
中国と敵対するかも知れないし、手を握るかも知れない。
1年後、2年後、どうなっているのか誰にも分からない。
厄介なのは、アメリカの大統領にはツイッターの書き込みひとつで世の中を変える力があることです。
戦後70年つづいた国際社会が、歴史的な転換点を迎えているのは間違いない。
トランプ大統領の登場によって、過去のルールや常識は通用しなくなる恐れがあります

 すでに日本経済は、トランプに翻弄されている。
名指しで批判されたトヨタは、アメリカ国内に100億ドル(約1兆1000億円)の投資をすると表明せざるを得なくなり、トランプが「ドルは強すぎる」と発言した途端、円は急上昇してしまった。
トヨタ社内からは「これまでの延長線上では対応できない」と悲鳴が上がっている。

「自慢話」と「民主党批判」だけの演説  
 はたして、トランプは日本にどんな要求をしてくるのか。
日本政府も日本企業も激変への対応を迫られることになる。
 ところが、安倍首相は、緊張感のカケラもないのだからどうしようもない。
20日行った「施政方針演説」で何を訴えるのかと思ったら、いつも通りの聞き飽きた「自画自賛」と「民主党批判」のオンパレードだったから最悪である。
〈就任から5年目を迎え、G7リーダーの中でも在職期間が長くなります。
500回以上の首脳会談の積み重ねの上に(略)世界の真ん中でその責任を果たしてまいります〉と、うれしそうに「地球儀俯瞰外交」を自慢。

 さらに、沖縄北部の米軍基地の一部が返還されたことを誇り、返す刀で〈かつて「最低でも」と言ったことすら実現せず、失望だけが残りました〉と、民主党政権時代の鳩山首相が「最低でも県外」と、普天間基地の返還を訴えながら頓挫したことを皮肉った。
 経済政策についても〈経済の好循環が生まれています〉と、「GDP44兆円増加」「ベア3年連続」「貧困率2%減少」……と、アベノミクスの成果を強調し、ここでも〈政権交代前と比べ3割(倒産を)減らすことに成功しました〉と、民主党政権にケチをつけていた。

 安倍首相の「施政方針演説」は、トランプ大統領の就任式が始まる12時間前に行われたのに、自慢話に終始し、激変する国際社会についてどう考えているのか、どう対応するのか、まったく触れなかったのだから、どうかしている。
演説の中身は、1年前と代わり映えしなかった。

■見たくないモノは見ない
 ふざけているのは、相変わらず、自分に都合の悪い話は無視し、事実をねじ曲げていることだ。  
たとえば、沖縄北部の米軍基地の一部返還は、20年前に決まっていたことだ。
安倍首相の手柄じゃない。
鳩山政権が実現できなかった「普天間基地」の返還と比べるのは、ナンセンスというものである。

〈500回以上の首脳会談〉と自慢した外交も、この4年間、世界各国に約40兆円の経済支援を約束しただけで、成果はほぼゼロだ。
対ロ外交では、「北方領土」は返還されず、プーチン大統領に3000億円のカネを召し上げられただけだった。
よくも〈世界の真ん中でその責任を果たしてまいります〉と口にできたものだ。
 ボルテージを上げた〈経済の好循環が生まれています〉の一言は、噴飯モノである。
どこに好循環が生まれているのか。
貧富の格差が拡大しただけで、庶民の実質賃金は増えていない。
倒産件数にしたって、たしかに倒産は減少しているが、“廃業件数”は過去最悪を更新している。経営者がアベノミクスに見切りをつけ、次々に自主廃業しているのだ。
なのに、〈3本の矢を次々に打ちつづけます〉と平然と口にしているのだから国民をバカにするにも程がある。

この男は、一事が万事、すべてこの調子だ。
政治リーダーにとって大切なことは、たとえ見たくない事実でも直視し、現実を把握することです。
現実を見誤ると必ず失敗する。
誰が見ても、経済も外交も安倍路線は破綻しています。
なのに、安倍首相は現実から目を背け、行き詰まりを認めず、民主党政権を批判することで、安倍政権を正当化させている。

しかも、この国会の一大テーマである“共謀罪”について、施政方針演説で一言も触れなかった。あれも成功している、これもうまくいっていると訴えれば、国民をダマせると思っているのでしょうが、いくらなんでも国民をバカにしています」(政治学者・五十嵐仁氏)


 過去、5回行われた「施政方針演説」で、安倍首相は毎回「強い経済」「好循環実現」「改革実行」などをキーワードにしている。
いったい、いつまで「三百代言」満載の演説をつづければ気が済むのか。

■トランプの餌食になる
トランプが大統領に就任し、世界が大きく変わろうとしているのに、現実から目を背けている安倍首相では、激変する国際社会を乗り切れない。
即刻、クビにしないとダメだ。

 しかも、アメリカだけでなく、EU離脱を決めたイギリスにつづき、選挙を控えているオランダ、フランス、ドイツも大きく変わる可能性がある。
なにもかも行き詰まっている安倍首相では、対応は不可能である。


「この先、日本のリーダーは、まったく新しい発想が求められる。
アメリカが同盟関係を見直し、孤立主義に走ったら、70年つづいた対米従属からの脱却を迫られるかも知れない。
アメリカに従っていれば安泰という時代は終わる可能性があります。
あるいは、アメリカからいま以上の要求を突きつけられるかも知れない。
いずれにしろ、日本にとって対米従属から脱却するチャンスとも言えます。

ところが、安倍首相は、施政方針演説で〈日米同盟こそが我が国の外交・安全保障政策の基軸。これは不変の原則です〉
〈トランプ新大統領と同盟の絆をさらに強化する〉と、古い発想から抜け出せていない。
ひたすら対米従属をつづけるつもりです。

〈できる限り早期に訪米し〉と、トランプ大統領と駆け引きする気概もなく、1日も早い日米会談を切望している。
この調子では、国益追求をむき出しにしているトランプ大統領の格好の餌食になるだけです」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)

 激変する世界は、リーダーが次々に変わりはじめている。
安倍首相は〈就任から5年目を迎え、G7リーダーの中でも在職期間が長くなります〉と、長期政権を自慢していたが、この国こそ政権交代が必要だ
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウソ偽りそのものだった施政方針演説でしたね。
歴代自民党政権でさえこんなひどい演説を自慢げにしたのは安倍晋三首相ただ一人です(−_−#)
Posted by まり姫 at 2017年01月23日 15:58
私も 彼が「どんな国」にしたいのか、「政策の優先順位」は・・・が聞いていてわかりませんでした。
今日の施政演説に対する答えも 結局は自慢と野党批判。
今日は 与党質問でしたから尚更 答えは予測できるよの状態でした。
明日の野党質問で 野党は「国民の生活」「被災者支援」
など攻め口は あるハズです。
自己宣伝で終わりになるという いつものパターンは見たくないです。
まり姫さんは、病後ですから 静養第一にしてくださいね。
Posted by 小だぬき at 2017年01月23日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446197020

この記事へのトラックバック