2018年03月15日

体調に異変 安倍首相を蝕む「昭恵夫人・国会・支持率」

体調に異変 安倍首相を蝕む
「昭恵夫人・国会・支持率」
 2018年3月14日 日刊ゲンダイ

「また体調が悪化したのではないか」――。
案の定、安倍首相の体調悪化説が飛びかっている。

 見るからに顔色が悪いからだ。
テレビ画面を通すと分かりづらいが、近くで見ると顔はむくみ、目はくぼみ、完全に精気を失っている。
13日は、歯科医に駆け込み、1時間以上、治療を受けている。

 よほど体調が悪いのか、12日、13日と2日続けて夕方6時すぎには帰宅。
政界では「主治医を呼んで治療を受けているのではないか」と臆測が飛んでいる。
 体調悪化の原因が、強いストレスなのは間違いない。
総辞職がカウントダウンに入っているのだから、ストレスも当然だ。

安倍首相はストレスがかかると、すぐに具合が悪くなってしまう。
周囲が懸念しているのは持病の悪化だ。

「安倍さんは、ストレスを発散できないと持病の『潰瘍性大腸炎』を再発しやすい。
本人が『子供の頃からテストがあると再発した』と明かしています。
症状が悪化すると血便と下痢が続き、1日に10〜20回もトイレに駆け込まなければならなくなる。
周囲が不安視しているのは、特効薬のアサコールが効かなくなっているのではないかということです」(政界関係者)

◆野党の審議拒否は好都合
 いま、安倍首相のストレスの要因になっているのは、“昭恵夫人”“国会審議”“支持率”の3つだという。
周囲は、この3つにピリピリしている。

昭恵夫人が森友問題の火種になっていることもあって、昭恵さんの存在がストレスのひとつになっているようです。
ただ、昭恵さんは自宅にいないようなので家でストレスがたまることはないでしょう。
安倍首相にとって、野党から攻められる国会審議も強いストレス。
毎年、通常国会の会期末である6月には体調を崩してしまう。
だから、しばらく野党が審議拒否していることを内心、喜んでいたようです。
審議が再開されたら、さらに体調を悪化させるのは間違いないでしょう。

どうにもならないのが、3つ目の支持率です。
小心の安倍首相は、評価をすごく気にする。
もし、支持率が30%台に落ち込んだら、本人の気持ちがガクンとなる可能性があります」(官邸事情通)

 はたして体はもつのか。持病を悪化させ、政権を放り投げた第1次政権の再現もあるのではないか。
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

モッピー!お金がたまるポイントサイト