2018年03月30日

3.30「大抗議行動」 佐川証言が火を付けた国民のデモ拡大

3.30「大抗議行動」
佐川証言が火を付けた
    国民のデモ拡大
2018年3月29日 日刊ゲンダイ

予想通り、証人喚問で安倍首相と昭恵夫人の「森友疑惑」への関与を否定した佐川宣寿前国税庁長官。
早速、自民党の二階幹事長は「政治家の関与がないことが明白になった」と喧伝している。

 しかし、佐川証言は、安倍政権にとって逆効果もいいところだ。
真相を語らず、安倍夫妻の潔白だけを強調したために、国民のフラストレーションを強める結果になっているからだ。
 この先、市民の「抗議デモ」が拡大するのは必至だ。

証人喚問が行われた27日も国会周辺に市民が集まり「証言拒否は絶対許すな」とシュプレヒコールを上げている。
28日も、大勢の市民が国会周辺に集結した。
 さらに、3月30日(金)は、首相官邸前で19時30分から<STAND FOR TRUTH>というスローガンを掲げた大抗議行動が予定されている。

実は、首相周辺も「抗議デモ」の拡大を恐れているという。
「すでに内閣支持率は31%まで急落していますが、地元に帰ると有権者の怒りは数字以上です。
皆、森友疑惑の中心に安倍夫妻がいると思っている。
心配なのは、佐川前長官の証言が有権者の怒りと不信感に火をつけそうなことです。
もし、抗議デモの人数が5万人、10万人と膨れ上がったら、政権はもたない。
すでに5000人、1万人、1万5000人と増えているので心配です」(自民党関係者)

 実際、抗議デモは宮城、大阪、福岡と全国に広がっている。
大きな特徴は、スローガンが変わり始めていることだ。

高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治)が言う。
「安倍応援団は誤解しているようですが、デモに参加している人の多くは、普通の市民です。
右も左も関係ない。
ほとんどの人は一体、何があったのか、“森友疑惑”の真実を知りたいと思っているだけです。
真実を知るためには、昭恵夫人の証人喚問も必要だと訴えている。
何も昭恵夫人をさらし者にしたいわけではありません。
30日の官邸前デモのスローガンが<STAND FOR TRUTH>となっているのが象徴的です。
真実が明らかにされない限り、デモは終わらないと思います」

 安倍夫妻の関与を否定した佐川発言は、いかにも不自然だった。
すでに佐川前長官は、何かを隠すために「決裁書」まで改ざんしている。
真実を隠せば隠すほど、真実を求めるデモは大きくなっていくだけだ。
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 | Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

モッピー!お金がたまるポイントサイト