2018年04月01日

食品、相次ぎ値上げ=非正規は無期雇用転換も−4月から暮らしこう変わる

食品、相次ぎ値上げ
=非正規は無期雇用転換も
−4月から暮らしこう変わる
2018年03月31日 05時22分 時事通信

4月から暮らしに関わる商品の値段や制度、サービスが変わる。
納豆やヨーグルト、ワインなど食品・飲料の値上げが相次ぎ、家計の負担が増す。
また、パート従業員など非正規労働者の有期雇用契約は要件を満たせば無期契約に転換できるなど、生活の安定につながる制度が本格導入される。

 食品・飲料を値上げするのは、原材料費や物流費が高騰しているためだ。
タカノフーズ(茨城県小美玉市)は「おかめ納豆」5品目の出荷価格を1〜2割引き上げる。
明治は「ブルガリアヨーグルト」2品目の容量を減らし価格を下げる。100グラム当たりの価格は上がるため、実質的な値上げだ。
ワインや低価格たばこも高くなる。

 外食も価格改定に踏み切る。
松屋フーズは原材料費や人件費の上昇を理由に、牛丼「牛めし」など一部メニューを10〜50円値上げする。
ビール大手は飲食店で提供する業務用ビールの出荷価格を引き上げる。
これを受け、居酒屋チェーンの養老乃瀧(東京)は「養老乃瀧」店舗の大半で生ビール大ジョッキを22円引き上げ778円にする。

 診療報酬と介護報酬の改定で、全体では診察・入院料や介護サービス料が上がり、利用者の負担が増す一方、薬代は安くなる。
生命保険各社は長寿化を踏まえ、死亡保険の保険料を下げる。

 有期契約が同じ会社で通算5年を超えた場合、定年まで働ける無期契約に転換できる。
給与など待遇が改善されるとは限らないが、将来不安は軽減される。
経済的に厳しい世帯の大学生に返済不要の奨学金を月2万〜4万円支給する制度も本格的に始まる。

 この他、中古住宅の取引拡大に向け、耐震性など一定の要件を満たした中古物件を「安心R住宅」と広告表示できる制度がスタートする。

 4月1日付で三菱東京UFJ銀行の名称が「三菱UFJ銀行」に変わる。
近畿大阪銀行(大阪市)と関西アーバン銀行(同)、みなと銀行(神戸市)の関西3行は経営統合し、昨年11月に設立した「関西みらいフィナンシャルグループ」の完全子会社として始動する。 【時事通信社】
posted by 小だぬき at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

モッピー!お金がたまるポイントサイト