2018年07月02日

 嘘とへつらう者たちよ

 嘘とへつらう者たちよ
  2018年7月1日 東京新聞「社説」

「バレている嘘(うそ)をぬけぬけと−」
「国家の破滅に近づいている」。
二人の元首相の嘆き節です。
嘘とへつらいに満ちた権力周辺にはうんざりです。

 NHKの大河ドラマ「西郷どん」はまだ幕末です。
西郷隆盛は明治維新の後、一八七七(明治十)年に西南戦争を起こし、鹿児島で自刃しました。
その頃「西郷星が見える」という評判が起こります。
赤い火星のことでした。
 望遠鏡でのぞくと、西郷が陸軍大将の姿で見えると新聞で報じられたりしました。
今風に言えば、罪のないフェイク(嘘)・ニュースでしょう。
もう一つのフェイク・ニュースがありました。

◆西郷隆盛は生きている  
「西郷隆盛は死んでおらず、シベリアに渡って、ロシア兵の訓練をしている」という流言です。
九一年にはロシア皇太子・ニコライが来日予定で、西郷が一緒に帰国するとも。
虚か実か、不明なまま各地に伝わりました。

 さて、今の日本でも虚か実かの問題が覆っています。
いや嘘がまかり通っています。
森友学園と加計学園の問題です。
あえて疑惑と書きます。
政府側が嘘をつき、国会や国民を欺いたからです。

 森友学園では国有地の取得で約八億円もの値引きがされました。
国会でさんざん追及されました。
そのたびに当時の理財局長が「森友学園との交渉記録はない」「総理夫人の話はなかった」などと答弁をしました。
真っ赤な嘘でした。
 決裁文書が何と約三百カ所も改ざんされていました。
交渉記録などもありました。
その結果、二十人の職員が処分されました。

 嘘はもっと深い所にあるかもしれません。
例えば財務省記録の中に二〇一五年十一月に首相夫人の安倍昭恵氏付きの公務員が、財務省側と電話した記録です。

◆「首相も議員も辞める」
 昭恵氏は子どもが教育勅語を暗唱していることに「感動した」とありました。
名誉校長にも就きました。
土地の値引きに、どんな力学が働いたのか。
安倍晋三首相は「私や妻は土地の払い下げに関与していない」と言います。
 なら、なぜ財務省文書は改ざんされたのでしょう。
「わからない」。
これが麻生太郎財務相の答えです。
嘘でしょう? 

安倍首相は「私や妻が関係していたなら首相も国会議員も辞める」と述べています。
これが契機かと問えば、麻生氏は否定します。本当ですか? 
嘘ではないの?
 加計学園の疑惑では、愛媛県から決定的な資料が出ました。
一五年四月に首相官邸で当時の首相秘書官と愛媛県などの担当者が面会した際の備忘録です。
「本件は首相案件となっており」と明記された文書です。
中身は一口で言えば、加計学園へのサポートです。
実際にその通りに国家戦略特区での獣医学部開設が実現しました。

 愛媛文書は安倍首相と加計学園理事長との会食で獣医学部の新設が話題になったと記しています。
首相が「いいね」と語ったとも。
 でも、安倍首相が学部開設を知ったのは「一七年一月二十日」と国会答弁しています。
どちらかが嘘をついている−。
そんな状況の中、加計学園幹部が「県への説明は嘘だった」と謝罪しました。
そして、加計孝太郎理事長も突然、記者会見をして追認しました。
それにしても県に対し嘘とは。

 虚偽で自分の名前を使われ、安倍首相は怒りを感じないのでしょうか。
しかも嘘によって税金を獲得したとも言えるのです。
でも、六月二十七日の党首討論で首相はそれを聞かれて「あずかり知らない」と答えるのみでした。
税の行方なのに

 さて、西郷隆盛の話に戻ります。
ロシア皇太子の来日の際、滋賀県で大津事件が起きました。
巡査の津田三蔵がニコライをサーベルで切り付けたのです。
動機は何か。
ロシアの強硬姿勢への不満とされますが、異説もあります。

作家吉村昭の「ニコライ遭難」にこう記述されています。
 「西郷モ共ニ帰ル由。
西郷ガ帰レバ、我々ガ貰(もら)ツタル勲等モ剥奪(はくだつ)サルベシ。
困ツタコトダ(調書)」

◆明治の国難は嘘から
 ニコライ来日前に親類宅で語った言葉です。
津田は西南戦争で戦い勲章を受けました。
西郷生存説という嘘を信じ、勲章の剥奪を恐れたのでしょうか。
 強国ロシアの報復が予想されました。嘘が明治の国難を生んだのです。

現在の二つの疑惑でも、嘘は必ず民心を腐らせ国難となるはずです。

冒頭の「バレている嘘をぬけぬけと」は小泉純一郎元首相が週刊朝日に、
「国家の破滅に近づいている」は福田康夫元首相が共同通信に語った言葉です。

 権力にへつらう者たちが見ざる・聞かざる・言わざるでいる限り、国は滅びの道です。
posted by 小だぬき at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの釈放された夫婦の今後が気になるわ^_^;
Posted by みゆきん at 2018年07月02日 13:59
破産整理でしょうか・・・。
早くも 第二の人生、今度は堅実に生きて欲しいです。
保釈ですから これからは裁判でどんな事実がでてくるか、安倍さん 怖くて起訴猶予でほとぼりをさますよう指示かな??
Posted by 小だぬき at 2018年07月03日 00:36
国会は数で押し切れるから大丈夫。検察は人事を抑えているから大丈夫。国民の目耳はマスコミを抑えているから大丈夫。これで低能首相とこれを担ぐ政商はどんな犯罪もやりたい放題。現政権のやっていることは大きな問題ですが、次の政権もこれを真似する可能性はある。二度と安倍政権のまねをできない制度改革が必要になる。まずは安倍政権を倒さんと!
Posted by カノッチ at 2018年07月03日 09:01
根本的な問題点は、96年の歴史という党が 前衛性をとりもどすことと 民主集中ではなく「管理職ユニオン」のような現場の闘いを支援する 展望を持つことだと思います。
4%の支持しかないのに 山本太郎君のような「正論」と連帯し牛歩でも何でもする気概がなくなっている党がある限り 額面反対、実質成立という 絶望的な繰り返しでは自公政権には太刀打ちできない。


今、ファシズムと闘う 現在組織の在り方とよりましな実績と闘いの果実を得る 組織を摸索する必要があると思っています。
共産党が「脱皮」し 離党者・除名者・旧読者でも支持しうる・連帯できる党にならない限り、先は暗いと思います。
私の世代では、96年の歴史を持っていても少数派はため息はでても 勇気は出てこない。

まだ、医労協と民放連・ユニオンに元気が残っているのが救いです。
Posted by 小だぬき at 2018年07月03日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

モッピー!お金がたまるポイントサイト