2020年02月14日

安倍首相ヤジでまた国会紛糾「嘘つき」面罵の謝罪も拒否

安倍首相ヤジでまた国会紛糾
「嘘つき」面罵の謝罪も拒否
2020/02/13 日刊ゲンダイ

「意味のない質問だよ」――。
もう、うんざりだ。
12日の衆院予算委員会でも安倍首相が自席からヤジを飛ばし、審議を紛糾させた。

 あり得ない発言が飛び出したのは、立憲民主党の辻元清美議員の最後の質問の直後。
「桜を見る会」など最近の不祥事に触れ、「タイは頭から腐る。社会、国、企業の上層部が腐敗していると残りもすぐに腐っていく。
ここまできたら頭を代えるしかない」と非難されると、安倍首相はブチ切れ。
吐き捨てるように冒頭の言葉を口にした。

 驚いたことに、安倍首相はちっとも悪びれない。
野党の猛抗議の後、次に質問に立った立憲の逢坂誠二議員に「罵詈雑言の連続。
私に反論の機会が与えられず、テレビ付きで延々と繰り返された。
ここは質疑の場であって、一方的に罵る場なんですか? 
これでは無意味じゃないか、と申し上げた」と答弁。
ヤジを正当化してみせた。

 この日は立憲の黒岩宇洋議員が「桜」の前夜祭を巡る論戦で安倍首相に「嘘つき」と面罵されたことについて撤回と謝罪を要求した。
すると、安倍首相は「黒岩氏はテレビ入りの野党会合で『久兵衛の寿司が出た。1皿5000円の世界』と言った」とムキになって論点をすり替え、謝罪を拒否。

「明らかな嘘」「流言の流布」と強弁し、逆に黒岩に謝罪を求める始末だ。
 もはや安倍首相を除外しない限り、まともな国会審議は取り戻せない。
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

れいわ・山本太郎「長いものに巻かれない強さ」の秘密

れいわ・山本太郎
「長いものに巻かれない強さ」の秘密
2/12(水) THE21

「なんかムカつく」という漠然とした敵意
 先の参議院選挙で、れいわ新選組の山本太郎代表が街頭演説に立つと、ヤジや罵声が飛ぶことも少なくなかった。
ただ、山本氏が他の政治家と違うのは、心ない言葉を浴びせる人とも、コミュニケーションを試みることだ
 なぜ、自分を攻撃してくる相手と対話するのか。

 「私の街頭演説に立ち止まって文句を言ってくる人は、マイクを渡せば話し合える可能性が高いんです。
傍から見ればイチャモンをつけているとしか見えなくても、私に言いたいことがあるから、その場にいるわけです。  
『山本太郎なんて大嫌い!』と言われることもあります。
 しかし、そうした批判は貴重です。
私のどこが嫌いなのか、山本太郎の至らなさをしっかりと提示してくれる可能性があります」

 山本氏を批判する人たちの中には、考え方や活動に対して反対意見があるというより、「よくわからないけど、なんかムカつく」という漠然とした理由で反対している人も多いという
 「私の何が気に食わないのか、具体的に説明できる人はそれほど多くありません。
 恐らく、私に関するいろんな情報をつなぎ合わせて、その人の中で私のイメージを勝手に作り上げているのだと思います。  最初にそれを感じたのは、政治家になる前。
 2011年に脱原発のための署名活動をしていたときのことです。
 敵意を持って話しかけてきた人がいたので、聞いてみると、『お前、こんなことがあっただろう』と。
 その内容は、ネットの噂や週刊誌報道をつなぎ合わせたフンワリしたものでした」

 「アンチ」の正体は、「単なる先入観」の可能性が高い証拠だ

「理論武装」はしても、決して論破はしない
 では、自分に先入観を持つ相手に対し、山本氏はどのようにコミュニケーションを重ねるのだろうか。
自分から説明をしっかりすることが大切だと思っています。
 そのためにも、一定の理論武装は必要です
 アンチを論破するということだろうか。
 「それは違います。質問に対してできるだけ丁寧にわかりやすく答えたいのです。
 私は街頭でプレゼンする際には、幅広い政治テーマに対して何万枚単位の説明スライドを準備しています。
 ただし、たかだか山本太郎ですから、すべてに答えられるわけではありません。
 その場合は、『ご存知の方がいれば、手を挙げて教えてください』と。  
『そんなことも知らないのか!』と言われても、『そうなんですよ、だからぜひ皆さんのアイデアやご意見を賜りたいんです』と答えます。
その姿勢を貫いていると、最後には力を貸してくれる方や、寄付してくれる方が現れます」

「無関心な人々」を引きつける話し方とは?
 アンチは、ある意味で山本氏に興味のある人々なので、対話の余地が残されていると言える
 では、政治や山本氏の活動に対して無関心な人々に耳を傾けてもらうには、どうするのか。
 「自分の得意分野で話をしても、相手が興味なければ、話を聞いてもらえません。
 ですから、相手の興味関心に引きつけることが大事だと思います

 街頭演説には、年代、性別、職業、立場の異なる人たちが集まってくる。
 そのため、まずは多くの人が関心を持ちそうな「ストライクゾーンの広いテーマ」から話し始めるという。
 「例えば消費税がテーマなら、『朝、家を出てから、ここで山本太郎と出会うまでの間に、一度でもスーパーやコンビニで消費税を払った方はいらっしゃいますか?』と質問すると、大体8割くらいは手を挙げます。
 これで、その人たちは当事者です。
 私たちの主張は、『消費税廃止』です。
『消費税が10%になると、大体年収200万円の人で、1年で1カ月分の給料が消費税として取られることになります。
 消費税を止めて、1カ月分の給料が手元に戻ったら、買いたかったものが買えるでしょう?
 この20年のデフレで失われた日本人の個人消費が動き出すことになりませんか?』と。

 その人たちの暮らしに引きつけ、自分事にしてもらうのが、この6年間の参議院議員の活動で見出した私のアプローチです」

永田町の妖怪を撃退する大人のケンカの作法
 中には、対話する気のない相手もいる。
論点をはぐらかしたり、曖昧な答弁に終始する議員などだ。
そんな人にはどう対応するのか。
 山本氏は、ポイントとなる「質問の仕方」を解説してくれた。
「中身のない答弁をして質疑応答の時間を削り、こちらの力を削ごうとするのが彼らのやり方です。
 ですから、まともな答弁は返ってこない、という前提で質問を作ることが大切です」

 意識したのは、答弁の当事者以外の人たち。
つまり私たち有権者の目だ。
「ただでさえ、国会質疑はわかりにくいイメージから敬遠されがちです。
 それを避けるために、『私の質問を聞けば、議論されている内容について知らない中学生でも、問題点を理解できるわかりやすさ』を目指しました。

 一般的な質疑のように、わかった者同士の会話からスタートしません。
 これほどまで簡単な質問にもまともに答えない対応を見れば、有権者にも議員の不誠実さが伝わるでしょう」

 「のらりくらり」かわされないためには、「予定調和にしないことも大事」だ。
 「国会で質問する際、相手に事前に質問を通告する慣例があります。
 通告に対して、省庁の官僚が答弁を作るわけです。
お互いに了承したうえでのやり取りですから、これは、ある意味で芝居です。
 私はこの方法が嫌いなので、通告は1割するかしないか。
通告したテーマとは違う質問をすることもあります。
 すると、相手は何を聞かれるかわからないので、こちらをバカにしたような態度で答弁に臨めなくなります。

 相手の土俵では戦わない
それによって、少なくとも緊張感が生まれますね」

相手をリスペクトしつつ事実で対抗する準備を
 山本氏はれいわ新選組を旗揚げする前、小沢一郎氏と自由党を結党した。
 自由党には、法案に対して議員の賛否を強制する党議拘束がなく、各議員が個性を発揮できる自由さがあった。
 しかし、国民民主党との合同会派に合流すると、会派としての一体感が重要視され、組織の論理が山本氏の行く手を阻んだ。

「2018年、参議院での最後の年に、会派を代表して国会で質問する機会を得ました。
 私はそこで、『消費税5%で野党は結束すべきだ』と主張するつもりでした。
 しかし、私の代表質問に、会派から指導が入りました。
 消費税減税や廃止は絶対に言ってはいけないことだと。
 なぜなら、消費税を引き上げてきたのは、他でもない民主党だからです。
 そのとき、組織のしがらみに初めて直面しました」

 それでも山本氏は引き下がらず、結局、国会では自身の主張を述べた。
 どうやって考え方の違いを乗り越えたのだろうか。
「議員歴や経験で比べれば、1期目の参議院議員である私と相手では、立場に圧倒的な違いがあります。
 ですから、相手をリスペクトしつつ、相手の主張に対して事実で対抗できる準備をして話し合いに望みました。

 『このやり方では、デフレを克服できない。だから、私はこうすべきだと思う』と。
 そのうち、こちらを議論で打ち負かせないとわかると、『好きにしたらいい』と了解をいただきました。
 こちらの理論と熱意に心が動かされたのか、面倒くさくなったのかはわかりませんが(笑)」

 そんな山本氏も、議員になりりたての頃は、国会質疑で大臣に相手にもしてもらえず、悔しい思いをしたという。
「専門性の高い人に勉強不足と思われてしまうと、そこから議論を深めるには時間がかかります。 
 でも、『よく調べてきたな』と思わせれば、議論が平行線でも、相手を動かせる可能性はあるかもしれません」

たとえ罵倒されても相手を知る努力をしたい
 理論武装しても、考え方の違いを乗り越えられないことは多い。
 それでも何とか相手との一致点を見つけて共闘しようとする山本氏の最大の武器は、「相手への興味」なのかもしれない

 「例えば、街頭で私を罵倒する人は、何がその人をそうさせているのか。
 もしかしたら、辛いことを抱えているのかもしれません。
 その苦しみの根源は何なのかを、引き出したいのです。
 あなたの苦しみは、あなた個人の問題ではなく、社会の問題かもしれない。
 それを一緒に解決していきましょう、という共通の問題意識を持つことができれば、自分たちの実現したい社会を作れるかもしれません。
 そのためにも、お互いの話を聞いて、落としどころを見つけていく作業をあきらめたくないのです」
posted by 小だぬき at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

小太りは長生きする?「内臓脂肪=悪」は間違った認識かも

小太りは長生きする?
「内臓脂肪=悪」は間違った認識かも
2020年02月11日 SPA!

◆痩せすぎは早死にのリスクが高く、小太りこそ長寿の秘訣!?
「メタボ肥満は万病のもと、痩せれば健康!」などと脅されて、右往左往する姿は痛々しい。
だが、そんな痩身迷子たちに朗報だ。
最新の調査から、その努力は必要ないようなのだ。

◆小太りは長生きする……その医学的根拠が判明!?
 歴史を振り返れば、’80年代に一世を風靡した「りんごダイエット」や「ゆで卵ダイエット」に始まり、昨今では「糖質制限ダイエット」や「サバ缶ダイエット」など、毎年のように新しい「○○ダイエット」がテレビや雑誌を賑わせている。
ネット上ではさらに珍奇なダイエット法が怪しげな効果効能を謳っており、いまや我が国は一億総痩せ体形を目指して突っ走っているかのようだ。

 東京都健康長寿医療センター研究所は、’87年から東京大学および米ミシガン大学と共同で、60歳以上を対象にした追跡調査を実施している。
その最新の結果(’17年)によれば、肥満指数(BMI)の低い痩せ形は死亡リスクが高い一方で、軽度や中度の肥満であればリスクは変わらなかったのである。
 この傾向は働き盛りの40〜59歳の中高年世代でも同様で、国立がん研究センターの研究者らが、すでに’02年に論文を発表している。

それによると、最も死亡リスクが高いのは男女ともにBMIが最も低い層である14〜18.9の層だったことが判明した。
BMIとは、健康診断の際、肥満や低体重の判定に使用されるもので、「体重(s)÷身長(m)の2乗」で算出される。WHO(世界保健機関)による肥満度判定基準では、18.5〜25未満を普通体重と定めている。
これを日本人に当てはめ、平均身長を170cmとすると体重53〜72sにあたるのだ。
 だが、このレンジに入っている人々の死亡リスクは、一部を除いて軒並み高い。
つまり、苦労して痩せるよりは、BMI 23〜26.9、体重換算で66〜78sの小太り体形のほうが死亡リスクが低いのである。

 こうした調査結果に大きく頷くのは、外科医の今津嘉宏氏。
これまで数々のがん手術を扱ってきた今津氏は「小太りな人は健康」を現場で実感してきた。
「ここで注意したいのは男性のほうが、より『小太りは健康』の傾向が強いことです」

◆「内臓脂肪=悪」は間違った認識!?
 確かに男性のほうが女性よりもBMI 23〜26.9の人の死亡リスクが底を打つように低くなっているのがわかる。
「世間には、『太るのは悪』と考える人が多いですが、『小太りこそ健康で長生き』というのは外科の現場では一般的な考え方です。
術後の経過をよくするにはどうすればいいか外科医は長年にわたって考えてきました。
 その結論として言えるのは、やはり痩せている人よりも小太り気味の人のほうが、術後の体調もよく、傷の治りが早いのです。
だから患者さんには『肉を避けて野菜中心に食べるなんてことをしてたらすぐに死ぬ。ちゃんと食事をして、体重を増やさないとダメですよ』と必ず説明しています」

 もちろん病気になる前の段階でも、小太りは命を守ってくれる。
「人は食べないと栄養を取れずに死ぬ。
当たり前のことですが、痩せている人というのは、生きるために必要な栄養が不足しています。
そうすると病気への抵抗力が弱まりますから、治りも悪くなります。
死亡リスクが高いのは当然でしょう。

 一方、小太りの人は、病気に対する貯金をたくさん持っていると考えてください。
不規則な生活の人であっても、しっかりごはんを食べて小太りになれば病気のリスクを抑えられます」
 さらに、メタボの脅しとセットで語られがちな超悪玉・内臓脂肪も、健康にプラス効果をもたらすことがあるという。

「内臓脂肪は、脂肪をため込む白色脂肪細胞と、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞から構成されています。
実は内臓脂肪が増えると、白色脂肪細胞から動脈硬化や糖尿病を防ぐ効果のあるアディポネクチンという善玉物質が分泌されるのです。
しかし、肥満状態になってしまうと、白色脂肪細胞が肥大化して数も増加し、善玉物質の分泌が減り、代わりに悪玉物質が生成されるので要注意です」
 過ぎたるはおよばざるがごとし。
適度な小太りを維持することが大切なのだ。

◆太りにくい人は腸内環境を改善  
一方、ダイエットに詳しい専門家はこの議論をどう捉えるのだろうか。
中高年向けのジムを主宰している枝光聖人氏に聞いた。
「確かに、痩せている人に比べて、体重がやや重い人のほうが元気で長生きという実感はあります。
ただし、BMIは身長と体重から割り出しているため、筋肉量と体脂肪量が考慮されていません。
脂肪よりも筋肉量が多くて重い人のほうが健康的ですね」

 いうなれば「筋肉小太り」が最強の健康体ということか。
確かに、筋肉量が健康に及ぼす影響について調べた米ミシガン大学の最新研究によれば、「筋力が弱い人ほど寿命が短い」ことがわかっている。
特に握力の強さが健康状態を測る上で有力な判断材料になっているという。

「なぜ握力が寿命と関係しているのかといえば、指は日常生活で必ず使うから。
その力が落ちているということは、下半身の筋力など、ほかの部位も相当衰えている証拠になるのです。
そうなればもう日常生活もおぼつかないです」

 好きなものを食べて飲んで、筋トレなどには目もくれずに小太りを維持しながら長寿を望む……はさすがにダメということか。
「かといって、ムチャな食事制限をするのは絶対に避けてください。
どんなに健康な人でも、40歳以降になれば、自然に筋肉量が少しずつ落ちていきます。
そんななかで低カロリーダイエットや低糖質ダイエットをして十分に食事を取らなければ、さらに著しく筋肉が減ってしまいます」

 つまり、しっかり食べて筋肉量を増やすことで、結果的に普通体重よりも小太りのポジションに達することが大切というわけだ。
 こうまで言われると、いくら食べても太れない、痩せやすい体質の人たちは不安になるだろう。
そんな方に今津氏がすすめるのは腸内環境へのアプローチだ。
「腸にいる腸内細菌の種類によって代謝が変わり、痩せやすい人と太りやすい人がいることが最近の研究でわかってきました。
ですから痩せやすい体質の人は、無理をしてたくさん食べるのではなく、納豆、味噌、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品を積極的に食生活に取り入れてみましょう。

 1週間同じものを食べ続けて、いつもより便の調子がよければ、その食品が自分に合っていて腸内環境が改善されているということ。
何をしても太れない人に関しては、漢方薬で腸内細菌のタイプを変えるという方法もあります」

 小太りへの道は、すべての人に開かれている。

【外科医師・今津嘉宏氏
芝大門いまづクリニック院長。
外科医の豊富な経験を生かしつつ、漢方医として体質改善、栄養指導にも取り組んでいる

【パーソナルトレーナー・枝光聖人氏
日本初の中高年専門パーソナルトレーニングジム「心身健康倶楽部」代表。
これまで延べ2万回の指導実績を持つ

取材・文/福田晃広 野中ツトム(清談社)
posted by 小だぬき at 00:01| 神奈川 ☀| Comment(4) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする